カテゴリー: 旅行関係(海外)他

残った(記憶に)写真・・・

田口青年部会長、関東ブロック大会の直前にも関わらずm(__)m
国会議事堂前、仲間が写真撮ってくれました。有難うございます。
   
「box」本社、街並みも社屋も綺麗でした&コーヒーが旨かった。
   
こちらは、早朝散歩&ケーブルカー事件で活躍?した地図です。
   
最後は、サンフランシスコ空港で搭乗前の一服、お疲れ様でした。
「袖振り合うも多生の縁」です、夫々のスタンスで大事にしてね。

oyabinここです、宜しかったらお越しください(担当:井田社長)

Chart House ~ ケーブルカー

今宵の乾杯は篠崎社長、「皆さんといい関係になれてよかった」
とのご挨拶・・・こちらこそです。今後とも宜しくお願いします。
   
「Chart House」、クラムチャウダー&エビが美味しかったです。
         
   
皆さん帰りがけに買い物してました。oyabinは瀧澤部長とデート?
   
ケーブルカー乗り場が見つからない中、それも旅で楽しいものです
   
なんて話しながら乗り場見つけるのに40分。説明悪いか理解不足か?
   
ホテル戻ると、参加者の多くが💢💢💢。oyabinのせいではありません。
   
でもm(__)m・・・で、夜中の3:00までお付合いさせて頂きました。
皆さん大変お世話になりました。もう少しありますが宜しくです。

研修終了~フィッシャーマンズワーフ

ようやく研修終了、オークランドからサンフランシスコへ渡る
「ベイブリッジ(The James ‘Sunny Jim’ Rolph Bridge)」です。
   
研修詰めこみで、遅めの昼食はホテル前「California Pizza Kitchen」
   
今回の旅、ちょっとの変更で添乗員さんの選定は、何故か必ずピザ屋さん、
   
これで終わりですが、通常お昼を食べないoyabinには少々きつかったです。
   
夕刻までフリータイムなので、家族のお土産探し&観光で近場をプラプラ、
ユニオンスクエアーを見学、今夜この路線のケーブルブルカーに乗車予定。
   
夕刻8:00フィッシャーマンズワープに到着、今夜はクラムチャウダーです。
   
ショップもたくさんあって滅茶賑やか、もう少し早く来てもよかったかな、
   
時間設定はoyabin担当、みなさんm(__)m、初めてなのでご容赦ください。
   
「Chart House」で研修終了の晩餐です。実は「ダンジネス クラブ(蟹)」
楽しみにしてたんですけど残念、でも楽しいディナーで皆さんに感謝です。
   

日通(サンフランシスコ)

   
   
   
   
   
   

日通(サンフランシスコ)視察内容

先方からのプレゼン【米国のトラック輸送について】

・米国の国内貨物輸送量の分担率は、トラック80%、船舶8%が、パイプライン6%、鉄道4%、航空2%となっている。
・トラック輸送の市場規模は、年間726ミリオンドル(約80兆円)である。
・トラック運送事業者の売上1位がUPS、2位がフェデックス、3位がイエロー。上位4~5社が占める割合は10%程度で、残り90%程度が1社で5~6台程度の小規模事業者が占めている。
・米国内での輸送量は、多い順に機械、精密機器、自動車関連(海外からの完成車と国内製造用のパーツやタイヤを含む)。
・例えば、鉄鋼の輸送網は、アジアに一番近いロサンゼルスに貨物船が入り、デトロイト(GM、フォード等の自動車産業)まで鉄道でのコンテナ輸送、またはトレーラでの輸送となっている。
・近年トラックの運賃料金が高騰している。その要因は2つあり、1つ目が燃料価格の高騰、2つ目が、本年4月からドライバーにELD(電子記録)を義務付けられ、労働時間をごまかすことができなくなったことによる。

視察団からの質問

Q.ELDは米国内の全べてのトラック付けなければいけないのか?
A.州際輸送(州を跨ぐ輸送)のトラックが対象である。
Q.ドライバーの労働時間の規定はあるか?
A.ある。休憩時間や待機時間も含め1日14時間。休憩時間は8時間に30分。2週間の労働で3日の休日が必要。そこにELDが義務化されたため、それまで2日で輸送できたところが3~4日かかるようになった。運賃単価は変わらず日数が延びている。
Q.労働時間違反の罰則は?
A.違反は罰金となる。これらの影響か、今年に入ってから廃業するトラック事業者が出ている。
Q.運賃は上昇しているのか?
A.昨年の10月あたりから上がっている。米国内では感謝祭の9月、サンクスギビングデーの10月、クリスマスの12月が繁忙期。9~12月の4か月間で年間の5~6割の貨物が動く。燃料価格の上昇とELDの義務化が大きな要因。
Q.燃料価格の上昇分は運賃に転嫁できるのか?
A.転嫁できる。トラック事業者の価格据え置きとはいえないため、顧客と交渉して上げてもらっている。
Q.運賃が上がっているのに、廃業する会社が増えているのはなぜか?
A.運賃は上がっているが、輸送日数が2日間から3~4日間に伸びたため、ドライバーの儲けが少なくなり、ドライバーが確保できないため。極端な長距離輸送の例として、サンフランシスコからニューヨークまで約3,000マイル(4,800km)は、ツーマンで走り通しで3日半かかる。もしワンマンであれば6~7日かかる。規制が強化された後は、8時間運転後に休憩をとるなどの対応をすれば、日数も長くなる。この輸送の運賃は、これまでの1~2月の閑散期は約5,000ドル、10~11月の繁忙期は、8,000~9,000ドルまで上がる。
Q.規制が強化された理由は?事故がきっかけとか?
A.特にそういったことは無いと思う。
Q.ドライバー不足の影響は?
A.ドライバー不足はサンフランシスコ周辺も大変だが、最も不足しているのが中西部のシカゴ近辺。シカゴは鉄道貨物のレールヤードが集中するため、そこからアイオワ、ミネソタ、ミネアポリス等の州外にコンテナをトラック輸送するドライバーが不足している。ドライバーの賃金も上げているが、追いついていない。米国内に10万人程度ドライバーが必要といわれている。
Q.ドライバーの平均年収は?
A.目安として初年度は4万ドル、能力や輸送距離等により上は8万ドルあたりか。

【日通のトラック輸送システム「webDPS」について】

・当社のトラック輸送システム「webDPS」は、当社のオペレーター及び顧客がウェブサイドから、貨物の出荷地から配達場所、トラック、サイズ、貨物量、配送先、サイズ等を入力すると、貸切輸送(TL)と混載輸送(LTL)ごとに、利用するトラックの実運送業者の運賃情報を確認することができる。このシステムは、当社の全米56支店全てで使用している。
・混載の場合の運賃情報等は、シカゴのトラックチーム本部がもっているデータベースで検索する。
・顧客先にはパスワードを渡す際に、5~6%のマージンをつけて料金を紹介している。顧客は、トラック会社の運賃等を確認の上、出荷指示をもらった時点で、輸送関連の書類発行となる。貨物を引取った後には。そのトラックの追跡ができる。
・また、配送が終わった後にも、荷物毎の情報が検索できる。

視察団からの質問

Q.LTLの料金を出すのに後ろに持っているマスターデータは誰がどこで作っているのか?
A.当社のトラック部門がロサンゼルス、シカゴ、ニューヨークにあり、情報をシカゴに集約している。

 

視察団からのその他の質問

Q.この施設の構内でトレーラがUターンしてもアスファルト壊れないのはなぜか?日本だと壊れる。
A.ここは昨年修理した。材質は日本の方が全然よいと思うが。
Q.コンテナの最大重量は?
A.車両総重量の上限が80,000ポンド(約32t)。16mのトレーラで45,000ポンド(約20t)が上限。
Q.カーゴマチック社のシェアリングエコノミーのサービスで、荷主とドライバーをマッチングするシステムがあると聞いたことがあるが、御社では使っていないか?
A.使っていない。自社で情報を集めてマッチング作業をしている。アメリカと日本の違いは、アメリカのトラックは時間通りに来ないのが当たり前。1日2日遅れることも頻繁にあるため、マッチングは難しい。組み合せをする際は、ある程度幅を持って組ませるように調整している。
Q.遅れ等に対する違約金は発生しないのか?
A.発生する。例えばウォルマートやコストコのディストリビューションセンターは、日時指定があり、1時間でも遅れると結構な額の罰金が発生する。それを支払うのは、本来は実運送のトラック事業者であるが、元請けの当社との間で交渉となる。
Q.日本では民間事業者のマッチングサイトがあるが?
A.当社のトラック部門では、それのようなサイトが見れる。様々な利用ケースがあるが、例えばサンフランシスコからオレゴンの間で、当社は約60社の実運送事業者を使っているが、それでも繁忙期には車両が不足するため、料金は高くなるが、他のマッチングシステムも使う。
Q.オーバーウェイトやオーバーサイズの貨物を輸送する場合、州政府の特別な許可が必要か?
A.必要である。ここでは通行する郡ごとに申請する。許可には2~3日かかる。
Q.海上コンテナのドレージ見かけないが?
A.ドレージされている。当社でも年間20ft換算で6,400本動かしている。
Q.単車のスワップボディを見ないが。ヨーロッパでは結構見るが?
A.こちらでは単車で荷台を切り離せる車両はない。

委員会総括

シリコンバレー「box」-2

   
   
   
   
   

シリコンバレー「box」

   
   
   
   
   

和食を食べたら元気が出たようです。

いや~何か頭の中に叩き込まれた感じ、イノベーションですって。
さすがに皆さんもお疲れのようで、本日は和食をご用意しました。
   
やっぱり和食ですかね、焼酎のうまいこと・・・飲み過ぎました。
   
本日が視察研修の最終日、もうひと踏ん張り頑張ってください。
   
滝澤部長もここにきて少しゆとりができたようでよかったです。
   
気合で乗り切りましょう、視察はあと2ヶ所、帰国は明日です。
   

APPLE VISTOR CENTER

   
   
   
   
   

シリコンバレー「SAP」

   
   
   
   
   
   

シリコンバレー「CTC」

   
   
   
   

サンフランシスコの朝・・・ & 昼食

ニューヨークは朝5:00には明るかったですが、5:30でも真っ暗、
   
これから「フェリービルディング・マーケットプレイス」まで散歩、
   
早朝から準備万端?で瀧澤部長も参加、新聞販売機あるんですね。
   
朝早くからコーヒー店が沢山あいているのにびっくりしました。
   
坂の街だからかレンタサイクルも完備・・・使いませんでしたが。
   
ホテルに戻って朝食・・・、本日からシリコンバレーの視察研修。
   
   
   
この日のランチ(中華)も掲載、皆さんには不評だったようです。
   
日本の中華料理はおいしいですからね、でもoyabinは好きです。

サンフランシスコへ・・・

ワシントンDC観光後、空港到着、サンフランシスコに向かいます
アメリカ合衆国首都ワシントンDCには、3つ空港があるようですが
ここがどこか不明、たぶん「ワシントン・ダレス国際空港」かな?
   
まあ一杯飲めればどこでもいいでが・・・旅のしおりには不記載。
   
バスを横付けで入場ですから・・・、ともかく5時間の搭乗です。
   
到着、自動販売機も日本とはずいぶん違いゆとり?があります。
   
これからバスで1時間、添乗員さんは機内食がなかった?ので
   
   
(というかアメリカの国内線、通常機内食はありません)で、
皆さんがバスで疲れ切っている中、すったもんだしてました。
   
で、ピザ。なくてもよかったけど、疲れた体にトマトスープ
   
は美味しかったです・・・次のすったもんだはパスタでした。
   

ワシントンDC観光-2

「The Pentagon(アメリカ国防総省)」を横に見ながら移動し
5分?程でバージニア州のこちら「アーリントン国立墓地」に
   
到着、実はoyabin隣にある米国海兵隊記念碑「硫黄島の星条旗」
   
が見たかったんです。硫黄島は連合軍によって最初に占領された
日本本土、敵対していた国ですしこれを見る感覚は真逆の筈です。
平和ボケしている国民のひとりとして自信がどう感じるか・・・
   
見どころはいくらでもありますが、ここで観光終了、ランチです。
   
観光したからか・・・、みなさんの顔が明るいで、なによりです。
   
これから5時間搭乗、移動含めホテル着迄8時間、頑張りましょう。
   

« Older Entries

ページトップへ戻る