カテゴリー: 国内旅行(甲信)

その他ランダムショット・・・

こちらはパノラマコースで下山した、勇三&新村組の写真です。
   
どこでも寝られる勇三君です、これが驚異の力の源なんでしょう。
   
この二人あんなにぐったりしてたのに、次は「槍ヶ岳」に行きたい
と言っています・・・。oyabinはしばらくご遠慮申し上げますので。
   
来年は岩手県田野畑村、詳細つめてからご連絡します、よろしくです。

上高地・・・

徳澤園から河童橋までの道すがら、上高地らしい景色を撮影。
   
懐かしい雑貨のある明神小屋の売店にも立ち寄ってみました。
   
今回は槍ヶ岳が見られなかったですが、最後は河童橋から撮影
これが「上高地」ですね。次はいつ来れるか・・・またいつか。
   

氷壁の宿 徳澤園-1

ここが「氷壁」の舞台となった「徳澤園」、oyabin大好きな宿です。
   
さっきまで勇三君と新村君はズタボロでしたが、みんないい顔してます。
   
夕食はPM5:30、地のヤマメ・サーモン・和牛・・・山小屋とは思えません。
   
今回の旅行は、研修のようでしたが、この食事と酒が・・・ご褒美ですね。
   

涸沢フュッテ・・・

こちらが「涸沢フュッテ」、日本一の紅葉「涸沢カール」にある休憩所
   
頑張ったご褒美は、おでんとお酒と

たぶん・・・最後の山登り

横尾大橋から出発、これから涸沢まで5.1Km標高差700mの登山です。
   
本谷橋を渡って河原で休憩、ここまでは1時間ほどだったので順調です。
   
ここから・・・地獄?の山登り・・・右下の写真方面が涸沢フュッテ、
30m歩いてはゼイゼイ・・・、本谷橋からの3Km弱に3時間?でした。
   
ようやく到着、こちらが「涸沢フュッテ」です。頑張りましたが・・・、
実はoyabinをフォローしてくれた仲間がいなかったら登れませんでした。
   

横尾山荘

横尾山荘は、涸沢カール・奥穂高・槍ヶ岳への登山の起点です。
   
部屋はこんな感じ、二段ベッドで12名が泊まれます、今夜はここ。
   
山小屋の夕食はPM5:00から、美味しい食事で、みんなで一献です。
   
朝食はAM5:00、朝食後出かけに「記念撮影」、さ~て出発しますか。
   

上高地到着、本日は横尾山荘まで

到着しました。2009年夏に家族5人できて・・・8年ぶりです。
仲間は、飯島社長以外は「上高地」初めて、河童橋で記念撮影。
   
明神でひと休み、橋を渡れば「明神池」、別名「鏡池・神池」
とも呼ばれ池畔には穂高神社奥宮が鎮座する神域なのですが、
誰も行きません?、イワナの宝庫で昔は釣りで賑わっていた
ようです。今は動植物保護のために釣りは禁止されています。
   
「徳澤園」到着、休憩で「みちくさ食堂」立寄ってみました
oyabinは、ホットミルクに砂糖たっぷり、みんなは、カレー
・そば・ラーメン???なぜか食事、おやつ替わりですか?。
   
疲れて遅めのoyabinは先に出発、あと約3.8Km頑張れば・・・
本日の宿泊先「横尾山荘」が見えてきました・・・到着です。
   

通りすがりにちょこっと(松本城)

先週末20年来の仲間と、恒例の「事務局旅行」、とは言っても
3年ぶり開催。前回は三崎「出口荘」、その前は川上村の金峰山。
   
ブログ確認したところ、今回の計画、2015年11月にしてるんです。
それも「2017事務局旅行」って表題なんですけど?何でですかね。
   
今回の行程は、「上高地~横尾山荘~唐沢カール~徳澤園」です。
でも写真は、別名カラス城「松本城」通りすがり寄ってみました。
   
oyabinは城内入場ご遠慮しときました、最高斜度68度の階段なので。
写真は新村君、こを見れば上ったのと一緒、冬ならここから槍ヶ岳
まで見えるんですって・・・もう少し右にふれば乗鞍岳なのにな?。
   
当日は、耐震修復&塗替えの工事中、拡大して見ると興味わきますよ。
   

藤井荘(緑霞山宿)

某会のoyabinの時、卒業予定者をご招待した長野県山田温泉の宿です。
まさに、緑に霞む山の宿で、「日本の宿を守る会」の加盟旅館でもあります。
142630   RP21184_1008
ない・しない・・・時間を楽しむ。読めなかった本をじっくり・・・、そんな宿です。
7-1-l   fujiisofuro
近年、少しずつ改装のもよう。おもてなしの「藤井荘」一度体験してみては・・・。

上高地2009夏

大正池から・・・。河童橋でカシャッ
DSCF0977
   DSCF0993
河童橋から穂高。ウェストンの前で君は何してるの?・・・。梓川と明神橋
DSCF0996 DSCF0988 DSCF1001
今日の宿泊はここ氷壁の宿です。あそこに登れることはないかな。でも唐沢までは・・・。
DSCF1004   DSCF1011

« Older Entries

ページトップへ戻る